特許

グローバルな権利形成から権利活用・紛争解決まで、シームレスなソリューションを提供します

サービス内容

  • 発明発掘
  • 動向調査・先行技術調査
  • 出願・中間対応
  • 拒絶査定不服審判
  • 年金管理
  • 異議申立・無効審判・鑑定
  • 侵害訴訟・審決取消訴訟
  • 知財戦略、権利活用その他知財に関する相談
  • 模倣品対応・税関差止
  • ライセンス・交渉
  • 技術移転

技術分野

  • 電気・情報処理・ビジネスモデル
  • 化学・バイオ・製薬
  • 機械
  • 物理・光学・材料

特色

発明発掘から権利行使まで

発明者との打ち合わせや発明発掘といった“入口”の段階から日本特許庁への出願・権利化、そして異議申立・無効審判といった“出口”対応まで、特許事務所として長年積み重ねた知見を活かして対応いたします。
弊所の発明発掘会では、発明者の方と弊所弁理士が直接お話をさせていただき、発明の最大化を図ります。発明報告書の作成も可能です。知財のプロフェッショナルとしてリエゾンを図ります。各案件におきましては、各種技術・業界に明るい弁理士/技術者、そして各種システムを用いた事務スタッフが総合的にサポートいたします。また、弊所内に調査部門、訴訟審判部門がありますので、出願担当と連携を取りながら各段階への対応が可能です。

戦略立案(ランドスケープデザイン®)

経営や事業を成功に導くためには、知的財産で競争力を高める戦略立案が非常に有効です。弊所では、お客様の技術や知的財産権の強みを熟知する弁理士・技術者と、知財調査分析のスキルと経験を有する調査分析専門家がチームを組み、①ご要望に基づく集計、②分析・提案、③分析・提案に対するご要望伺い、という①~③のサイクルを繰り返し行います。このアジャイル型の知財サービス「ランドスケープデザイン®」を通じて、お客様に最適な戦略立案をサポートします。
※ランドスケープデザインは、弁理士法人 志賀国際特許事務所の登録商標です。(登録第6666556号)

国内から外国まで

外国での権利形成においては、各国の法律事務所との連携が欠かせません。弊所では、米国・欧州・中国・韓国といった主要国はもちろんのこと、その他世界各国/地域の専門家との連絡を密にし、パートナー関係の構築に努めています。年間延べ300件以上、現地事務所弁護士との面会を行い、相互の信頼関係の醸成を図りつつ、実務に役立つ生情報の収集を重ねています。国内出願段階から外国での権利化を見据えた対応もしています。また、弊所以外で行った国内出願に基づく外国出願もお引き受けいたします。

幅広い分野の専門家

日本最大級の規模を誇る弊所には、ありとあらゆる分野の、そして経験豊かなプロフェッショナルが在籍しています。電気・化学・バイオ・機械といったそれぞれの技術はもちろん、それらが複合した最先端の技術課題への対応経験も豊富です。

そして権利活用の更なるご提案へ

特許事務所として権利の取得・活用のご支援は当然のことながら、企業の知財部活動のご支援も積極的に行っています。深い技術的知見を持ち、そして法的知識・経験を擁した弁理士が、貴社に寄り添う顧問契約も承っています。特許権のライセンスをお手伝いする技術移転プロジェクト等、権利取得のその先までご提案いたします。

 

担当弁理士一覧

関連する知財情報

セミナー

関連する
セミナー一覧

知財トピックス

関連する
知財トピックス一覧

IPレポート

関連する
IPレポート一覧

書籍

関連する
書籍一覧